前へ
次へ

セキュリティは自分で選べる一戸建て

マンション物件は、一戸建てよりはセキュリティが充実しているという声も多いです。
例えば監視カメラです。
マンションのエントランス部分には、多くの監視カメラが設置されているマンションも少なくありません。
カメラがあるだけに、安心して住めるという声も多いですが、戸建て物件の場合はそのカメラも自分で設置する必要があります。
それは戸建て物件のデメリットであると感じられるかもしれませんが、そうとも言えない一面もあります。
自由にセキュリティを調整できるからです。
確かにマンションの場合はセキュリティも充実していますが、それを住民が選べる訳ではありません。
例えば監視カメラにしても、住民が選んだカメラが使われている訳ではなく、あくまでも関連会社が決めた製品が設置されています。
住民が自由にカメラを選ぶ事はできません。
また自分の部屋に対する鍵も同様です。
マンションの各部屋には鍵もありますが、それも住民が選べる訳ではありません。
やはり管理組合があらかじめ決めておいた鍵が付けられています。
しかし一戸建て物件の場合は、そうではありません。

戸建て住宅の場合は、住民が自分で選べるようになっています。
幸いにも最近は、高性能なカメラも沢山販売されています。
通販のサイトを見てみますと、実に便利なカメラが販売されている事もあります。
IoTなどの便利な機能が完備されたカメラもありますし、WEB接続に可能なカメラもあります。
戸建て物件に住んでいる方は、その販売されているカメラを自分で選んで、建物に設置するのも問題ありません。
自分で自由に決められる訳です。
しかしマンション物件の場合は、住民が自分で選べる訳ではありません。
たとえマンションのカメラの性能に不満があっても、住民は自由に選べないでしょう。
鍵も同様です。
一戸建ての扉に取り付ける鍵は、住民が自分で選ぶこともできます。
本人が希望すれば、スマホや電子マネーを鍵として使用する事も可能です。
その鍵にする方が、かえってマンションよりもセキュリティ性が高まる事もあります。
セキュリティ設備をある程度自由に選べるのは、一戸建ての魅力の1つです。

Page Top